何切るVol.1

覚えてたら書き連ねようかと。

前局の親番でラス目から2着目まで浮上した最終局
東家(下家):37,600
南家(対面):10,000くらい
西家(上家):10,000くらい
北家(わたし):34,200くらい

下家(親番)のトップ。私(北家)との差は3,000点弱
※直撃または700-1,300ツモ以上で逆転
※白雪☆一人聴牌なら逆転

南四局ドラ発

<配牌>
発2枚。あとは4pなど対子がいくつか。7pが暗刻。

<最初の構想>
最初発2枚抱えで、発が鳴ければ良いが、そうそううまくいくはずもないので、門前で発頭で立直予定。

<中盤>
上家の南の暗槓で7pがカンドラに。この時点で発切って断幺に向かう方針。発切りでちょっと驚かれるも、混一気配の上家も2枚合わせ打ってきたことを考えるに、上家はおり気配?
※結果的に、持ち持ちだったということで、ここで運が私にあったんだろう、と推測

<終盤>
トップ目の下家もおりる気配はなく、そうこうしているうちに7pが槓子に・・・仕方ないのでカン。新ドラ4p。

4p?出てきたら鳴くつもりだったのに・・・まだ一向聴。

で、こんな手牌(ちょっと違うかもだけど大体)。


345s 44p 四四六七八m 7777p(暗槓)
※ドラ【発】【7p】【4p】

ツモ5p

場を見た待ち数的には36pはちょっと薄めだが、4pと四mも大差なしとする。

トップの上家はおりないで全ツッパ上等前提。4p切りも5p切りもどちらもそれなりに危険(鳴かれることも含め)。

あなたなーらどおするぅー、あなたなーらどおするぅー?

▼ Open ▼

あほすぐる

A型なので基本的には真面目でコツコツタイプなのですが、根っからのギャンプラー気質なので(キ○ガイとも)、いろいろと破天荒なこともやってのけるわけですが。

ノーレートというのもありますが、基本スタンスとしては『みんなで楽しく、アツい展開を』がモットーなので、採算度外視で攻めることもあります。
※たとえば最終局トップ目なのにダマであがれてもリーチかけるとか



まあ、そんなわけで、いろいろ考えてしまうので、実はチョンボも多かったりしますw
3着目くらいだった東3局。

67①①  東東東(ポン) 発発発(ポン) 北北北(ポン)

とかで、7順目くらい。ホンイツに持って行きたいな・・・チャンタでもいいけど。まだ序盤なのでいろいろと思いをはせていたところに上家が捨てた8(索)でロン。
まあいいや、とりあえず2600点取り戻しておこう。

「え?同順内ですよ」

という指摘に・・・よくよく見てみると・・・直近の自分の捨牌以降・・・

▼ Open ▼

うまくかみ合わない

先々週
面清トイトイ三暗刻ドラ3(数え役満。ただし3倍満計算)
※3着から逆転トップ

先週
リーチツモドラ10(3倍満)
※ラスから逆転トップ

今週
四暗刻
※ラスから逆転トップ


結構頑張ってるけど、点数が伴わない・・・
まあ、ノーレートなので気にはしないのですが、
本来の目標である順位取りの麻雀は出来ている
とはいえ、点棒の出入りが激しいのがネック。

もう少しじっくり打つ麻雀にしていきたいものです。

side menu

ぷろふぃーる

= FantasyEarthZero =
Atziluthワールド:
Sirayuki(ネツァワル:火皿)
しらゆき(ネツァワル:ヲリ)
白雪(ネツァワル:スカ)

= FinalFantasyXI =

とらっくばっくぴーぷる

TBPについてはこちらを参照っ





side menu

おしらせ

特にアリマセン

かうんたー:
7645 +


Since 20th July 2005

ぶろぐこーしんりつ

ふらっしゅかれんだー

さいきんのきじ+こめんと

ついったー

おともだちとか

かてごりー

とらば

おまけ

Powered By FC2 blog

FC2Ad