親の顔が見てみたい

昨日の深夜の話。
ごくごく簡単に書いてしまうと、

子どもが某Remiさんが放置していたクレジットカードを盗み、ガンガン使ってました・・・

総額25万円
なお、12月~2月の3か月間の出来事である。

スマホ課金とかではなく、リアルのトレーディングカード(ゲーム)のカード購入に充てたとのこと。ヤフオクやらメルカリやらAmazonやら。購入履歴を確認すると・・・

なぜかゲーミングのノートPCまで買ってる・・・(8万円だそうだ)。

※使っていないクレジットカード+引き落とし口座だったので、全く気付かず、引き落とし不能連絡と払い込み用紙が来たことで発覚。


白雪☆さんは軽くお酒が入っている状態でそろそろ寝ようと睡眠薬も飲んだ状態で、某Remiさんにたたき起こされ・・・聞かされ・・・

怒りというよりは呆れ、失望。

そこまで不自由な生活をさせていたのかという私自身も自分に対して嫌悪感。

クレジットカードを放置していた某Remiさんに一番の問題があるのはさておき、お金に対しての感覚が最近の子ども達はゆるいのでしょうかね。それよりなにより、お金に対しての教育が出来ていなかったと今更ながらに見せつけられ、さらに嫌悪感。

なんせ、今回で2回目・・・

前回は数年前、小学生だったし、お金の価値についても特にしつけていたわけでもなかったため仕方ないかと思ってた(3万円と額も大した額ではなかったというのもある。いや、全然それなりじゃないし、そもそも金額の問題でもないんだけど)。

まあ、こうなってしまったのは親の責任だし、支払うしかないんだけど、どこまで回収できるのかなあ、これ。額の問題じゃないけど、さすがに使い過ぎやろ・・・友達同士での金銭のやり取りもあるみたいだし、最近の子どもっていうのは闇が深い。

前々から思ってたけど、最近の子どもって「ヒト」ではなくて「モノ・カネ」で繋がっているように思えるんですよね。いや、昔もそうだったといえばそうだったけど(ファミコンのカセットとかそういう繋がりだってあったわけで)、それがモノというよりはカネにシフトしてきているような気がする。

あくまでも友達は「遊ぶための友達」であって、「モノでつながった友達」でもなければ「一緒にカネを使うための友達」でもないはず。

昨今言われ続けている気がするけど、子どもたちの遊び方が変わってきてしまっているというのはあれども、こういったことを目の当たりにするとやはり考えさせられてしまうワケです。

そりゃー、いじめとか起きるわけだよ。
大の大人だって「カネの切れ目がエンの切れ目」なわけだもの。
そこで殺人とか起きちゃうわけだもの。

胃が痛いです、はい。

こめんと

こめんとどうぞ

※注意※ http://はttp://と「h」を抜いて投稿してネ

管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっくはこちら

side menu

ぷろふぃーる

= FantasyEarthZero =
Atziluthワールド:
Sirayuki(ネツァワル:火皿)
しらゆき(ネツァワル:ヲリ)
白雪(ネツァワル:スカ)

= FinalFantasyXI =

とらっくばっくぴーぷる

TBPについてはこちらを参照っ





side menu

おしらせ

特にアリマセン

かうんたー:
7645 +


Since 20th July 2005

ぶろぐこーしんりつ

ふらっしゅかれんだー

さいきんのきじ+こめんと

おともだちとか

かてごりー

とらば

おまけ

Powered By FC2 blog

FC2Ad