告白

中学生の卒業式の日だったかな・・・

同姓からも異性からも好かれてた女の子と教室で話をしていたんですが、彼女が悲しい顔をしていたんです。どうしたの?と聞いてみると・・・

「卒業式を見ると思い出すの・・・○○ちゃんのことを」

○○さんは、小学校の卒業式の日に学校の屋上から落ちて亡くなった子。彼女も人のいい子だった。何故亡くなったのかは事故ということだった。

「そうだね・・・」

バツの悪い空気が流れるが現実は現実なので受け入れるしかないワケで。

「あれ、あたしが殺したの」
「!?」
「屋上で話をしててふざけあってたら突然落ちて・・・」
「あたしが殺したの・・・。警察には言ってないし誰も疑ってないけど」

何故それを私に話すのか、さっぱりわからなかった。それ以前にどうリアクションすればいいのかすらわからなかった・・・
という夢をみました。
※夢オチですんまそん・・・夢ながらに衝撃的なストーリーだったので・・・

こめんと

Open押す前に文読んで
それなんて小説ーって書こうと思ったら

夢オチだったか…
オチを読み違えたぜっ

夢にしてはリアリティあるようなないようなで、かなり汗がひきましたヨ(苦笑)

小説、やれFFだやれパンヤだやれDDOだやれFEだでまったく手がつけられません!orz
※なぜFEが最後なんだという突っ込みは不可

こめんとどうぞ

※注意※ http://はttp://と「h」を抜いて投稿してネ

管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっくはこちら

side menu

ぷろふぃーる

= FantasyEarthZero =
Atziluthワールド:
Sirayuki(ネツァワル:火皿)
しらゆき(ネツァワル:ヲリ)
白雪(ネツァワル:スカ)

= FinalFantasyXI =

とらっくばっくぴーぷる

TBPについてはこちらを参照っ





side menu

おしらせ

特にアリマセン

かうんたー:
7645 +


Since 20th July 2005

ぶろぐこーしんりつ

ふらっしゅかれんだー

さいきんのきじ+こめんと

おともだちとか

かてごりー

とらば

おまけ

Powered By FC2 blog

FC2Ad