FC2ブログ

そつけんっ!

ひらがなにすると途端にアニメっぽく見えるwww

今週は仕事が全くと言っていいほど手につかずw ひたすらコースを覚えることとイメージトレーニングをしていました。

土曜日、卒業検定の日。
朝5時に目が覚める(まあ、いつも通り)。うだうだやって、8時半に出発。9時前に到着。さて、時間までロビーで待機だな。受検票とヘルメット、グローブ・・・免許証・・・あれ?免許証、どこだ?

(´・ω・`)

免許証ねーぞ、こら!

このやり場のない怒りをどうすれば・・・orz 当然のことながら、免許証がなければ受検できず、キャンセル扱いになってしまいます。ということは再度申し込みをするしかなく、検定料を支払わなければいけなくて・・・まあ、自業自得か。

泣く泣く受付カウンターへ行き、キャンセル旨話をします。
白雪☆さん「あの・・・これ、キャンセルしたいんですけど・・・」
受付お姉さん「どうされたんですか?」
白雪☆「免許証忘れちゃって・・・」
受付お姉さん「あ、ああ・・・(苦笑い)」
白雪☆「明日の日曜日でお願いしたいんですけど」
受付お姉さん「承知しました、ではこちらに記入していただいて・・・あっ、少々お待ちくださいね」

お姉さん、デスクにいる男性スタッフ(上司かな?)のところへ。何話してるんだろ。

受付お姉さん「今回は、特別にキャンセル料はなしで、明日の予約お取りしますね(ハート)」
白雪☆さん「(mjsk!)ほ、本当ですか、すみません、ありがとうございます!」

というわけで、キャンセル料なしで日曜に振り替えてもらい・・・涙の帰宅w 免許証不携帯なので気をつけて帰らないと。

そして、夕方から会社で仕事(´・ω・`)


日曜日。天気予報を見ると午後から雨らしい。しかたない、駅からスクールバスが出ているので乗るか・・・免許もった!ヘルメットもった!受検票ももった!駅前で待つか・・・あと2分。

あ、グローブ忘れたwww

あと2分、バス待っててくれるかな・・・ダッシュで戻る。無残、バスが走って行ってた・・・orz もう幸先悪すぎや。仕方ないので原付出して教習所へ。

まずはブリーフィング。

検定の説明と注意事項や中止事項の説明。コースは・・・1コース。というか、他の人の話を聞いていると毎回1コースというウワサも・・・

今回は12名。大型二輪4名、普通二輪6名、小型AT2名。検定員は2名なので6名づつということに。私は11番。小型は後回しということなのね。7,8,9,10,11ということで5番目。ヒマなので検定を見ています。通常教習もやっているので気を付けないと。途中で雨が降ってきた。雨、イヤだな・・・視界悪くなるし。急制動は楽になるけど、メリットないもんなー。

検定中は人のを見てるくらいしかやることがないw あるいは他の受検者と話をしてるくらいしか。気を紛らわせないと胃が痛くなるwww

1時間くらいたって出番。コースに向かい、待機。いやー、マジで緊張する・・・こんな緊張、教育実習以来だ。というか、車の免許取った時の卒業検定ってどうだったんだっけ・・・って、靴!スニーカーのままだったwww(靴はくるぶしまで隠れる靴を履かなければいけません。長靴でも可) やばい。10番の人検定終わって結果説明してもらってるよwww 検定員の先生のところへ行き「すみません、靴履き忘れましたので少々お待ちいただいていいですか?」と顔を真っ赤にして説明w 『あ、わかりました、気を付けて履きにもどってね』

ちょうどいい靴がなく、大きめの靴を履く。これ、ぶかぶかやん!まあ、仕方ないか・・・戻って検定スタート。

スタンドおろし、またがってミラー直して、エンジン。右ウィンカーだして出発!

手が震えますw でも仕方がない、必死に食らいつきます。コースは完璧!大丈夫!

最初のS字。さすがに問題なし。停止線も問題なし。信号OK!見通しの悪い交差点もOK!左折して信号・・・おっとふらついたorz でも大丈夫、たぶん!障害物による進路変更・・・あ、右車線による時に目視忘れたorz まあ、仕方ない。でもそれ以外は問題なし(と思っている)。

そして課題。坂道よし!(ATは楽勝。リアブレーキかけつつアクセル回せばいいので)。踏切よし!そして急制動。検定員の先生から『雨降ってるんでね、30km/hで侵入して2本目の線(11mライン。普段は1本目の線8mで止まる必要があるけど、まあ、ちょっと強めにブレーキかければそんなにつらくない)までに止まればいいですからね。普通にブレーキかければ止まれるから』。といっても2本目で止まったことないw むしろわからんw とはいえ普通に30km/hだして普通にブレーキかける。1本目過ぎたところで停止。雨降ると余裕だなwww

そして一本橋。5秒以上かけてわたります。とはいえ、クラッチが切れないATは結構辛いので、一気に走り切る作戦。進入速度が遅いとバランスを崩すので進入速度を十分に保って進入するぞ!
※なお、一本橋についてはまったくレクチャーしてもらっておらず、独学。進入速度さえ早めにして両輪乗り切ればあとはアクセルワークとリアブレーキでなんとかなりますが、それを知ったのは最後の実車教習時というw 成功率5割(慣れてからは8割程度ですが)。

進入!うわ、よれる・・・まずい・・・アクセル吹かすか・・・ちょっと開けて前進。

出口だ!ゆっくり降りよう。4秒くらいだったかも。でも大丈夫!

最後の課題、クランク。まあ、小型なので楽勝!

発着所に戻って停車。エンジン切って後ろ確認して降車。スタンド立てて終了。

マジで疲れた・・・ヘトヘト。

最後に先生からの講評をいただきます。

『靴が大きかったんですよね?なんか途中、停止するときにふらつくことがあったので、体を左に寄せるのもひとつの手です。公道走るときは注意しなければいけませんからね。あとはクランクその他、安定して進んでいましたので大丈夫でした。今回はほかの車などはいませんでしたが(教習所は二輪専用コースがあるので、車が邪魔にならない)、公道を走る際は注意しながら走ってくださいね』

「はい、ありがとうございました」

え、これって合格ってことなんかな・・・よくわからないけど、戻るw

前の人が「次回頑張ってね」と言われたらしい(その人、普通二輪で一本橋を3秒くらいで通過してた。7秒で通過しなければいけないので、20点くらい減点されていたはず)。ということは合格かな、さすがに。

20分後、合格掲示板にランプが燈る。
20180513_19300001.jpg
10番の人以外は全員合格!
無事、合格証明書をいただいて、終了!

いやー、長かった・・・とはいえ、初回が4/21なので実質1か月。土日しか乗れないのでこんなものでしょう。

しかし胃が痛かった・・・けど、オラやったよ!

まずは今年の目標1つクリア!

というわけで祝勝会と称して家禁酒を解禁!
20180513_19133601.jpg
いやー、うまい!

こめんと

こめんとどうぞ

※注意※ http://はttp://と「h」を抜いて投稿してネ

管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっくはこちら

side menu

ぷろふぃーる

= FantasyEarthZero =
Atziluthワールド:
Sirayuki(ネツァワル:火皿)
しらゆき(ネツァワル:ヲリ)
白雪(ネツァワル:スカ)

= FinalFantasyXI =

とらっくばっくぴーぷる

TBPについてはこちらを参照っ





side menu

おしらせ

特にアリマセン

かうんたー:
7645 +


Since 20th July 2005

ぶろぐこーしんりつ

ふらっしゅかれんだー

さいきんのきじ+こめんと

おともだちとか

かてごりー

とらば

おまけ

Powered By FC2 blog

FC2Ad