DEATH NOTE 第9話 接触

毎週見てるんですが、37話完結とするとあと6ヶ月くらい?ながー

以下ネタバレ。
ポテトチップスの中に入れた液晶テレビの情報でライトは犯罪者を裁き、アリバイを成立させるが、Lは「罪の軽い犯罪者を裁いた」キラに疑問を感じる。いまだ北村・夜神家に対して疑惑の念を拭い去れない。

が、最終的には監視カメラをはずす結論にするL。リュークもリンゴ食べて満足。

Lは既に北村・夜神家の中にキラがいると考えるも、裁く際の表情など全く変わっていない(キラであるライト自身も無表情で裁いている)ため、キラ=神に近い状況と感じるも、そんな形の神はありえないとキラを追う決心を更にかためる。

東応大学受験会場でのライトとLの出会い(このときはまだお互いの正体を知らず・・・でも薄々感づいている?)。

さっくり合格して入学式。ライト、流河との出会い(新入生代表) 流河は自分がLであると名乗る。赤のライト、青のLの対比。

Lと名乗られプレッシャーを感じるライト。そして当人がLだとしても何もできないライト。つまり、流河を殺すと真っ先に疑われるのはライト自身であるし、流河の名前を書くと同姓同名のアイドルの流河が死ぬかもしれないリスクもある。そもそも流河という名前が偽名に決まっているだろうというのもある。アイドルの流河が死ねば必然的にライトが疑われる。ライトはノートに名前を書くわけにはいかない。

自宅に戻りキレるライト。Lが自分がLと名乗ることが防御であり攻撃である。これからいよいよLが接近してくる。自分はどう対処すべきなのか。悩むが・・・

逆に考えると、L側もライト=キラと確証があるわけでもなく何もわかってないからこそライトに接近してボロを見つけようとしていることを悟るライト。ライトとL知恵比べが始まるのだ。

第10話 疑惑


ライトとLがついに直接対決に。というかLがライトに絞った理由が分からないんですよね。原作でもわからなかったような気もするんですが・・・このあたりはちょっと中だるみしますね。ミサミサ出るまでは地味に心理戦だし。

ライトのキレっぷりが最高。

そしてD/N攻略マニュアル。
「お便りをいただいています。『質問 アーヤたちの後姿はどうなってるんですか?見せてください』じゃー、ちょっとだけねー」

アホか!!11!!!!

こめんと

こめんとどうぞ

※注意※ http://はttp://と「h」を抜いて投稿してネ

管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっくはこちら

side menu

ぷろふぃーる

= FantasyEarthZero =
Atziluthワールド:
Sirayuki(ネツァワル:火皿)
しらゆき(ネツァワル:ヲリ)
白雪(ネツァワル:スカ)

= FinalFantasyXI =

とらっくばっくぴーぷる

TBPについてはこちらを参照っ





side menu

おしらせ

特にアリマセン

かうんたー:
7645 +


Since 20th July 2005

ぶろぐこーしんりつ

ふらっしゅかれんだー

さいきんのきじ+こめんと

おともだちとか

かてごりー

とらば

おまけ

Powered By FC2 blog

FC2Ad