DEATH NOTE第32話選択

仕事は速く終わるのに帰宅は23時です・・・なんでだろ~(古すぎ
リアルタイムでみるほどの体力はもうありませんorz

以下ネタバレ気味。
選択
魅上の半生を描く。エリート。正義を貫く青年。そして削除シーン(笑)
キラから何も音沙汰がないことでキラとの接触を図ろうとする。その対象に選んだのはニュースキャスター高田だった。奇しくも高田はライトの元恋人(?)。TVで高田がキラの代弁者となのると捜査本部に不安がよぎる。高田といえばライト君じゃないか・・・と。ライトは逆にこれを利用することを思いつく。

ライトは高田を呼び出し、捜査の一環としてキラの話を聞きたいと言う。日本警察はキラのいいなりになるとのことで高田も疑問には思わない。

久しぶりの高田との出会い。そこに、キラから高田に電話が。一部始終は捜査本部にも伝わっており、緊張感が。キラはそばにいる男に代われという。魅上はこのタイミングで高田に接触してくるのはキラ以外いないと判断した。そしてそれは正しかった。魅上はキラという名の神に接触することとなる。しかしライトは今捜査本部にいて疑いをかけられる身で動けないことを説明する。

電話を切り、高田にライトが話しかける。

「清美・・・僕が・・・キラだ」

衝撃を受ける高田。そして陶酔。「私は間違っていなかった」と。「一緒に新世界を造ろう」

次回第33話 嘲笑


D/N攻略マニュアル
DVD6巻だって。っていうか発売遅くない?

やっぱり削除シーンでしょう。削除以外みどころなし。っていうかL編だけでDEATH NOTEは完結してるといっても過言じゃないしなあ・・・最後の最後のあのシーンはあるのかな。

こめんと

こめんとどうぞ

※注意※ http://はttp://と「h」を抜いて投稿してネ

管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっくはこちら

TRACKBACK

(アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第32話 「選択」

DEATH NOTE Vol.7魅上照は、正義感の塊のような男であった。この世界の人間を正義と悪の二つに分類し、悪側の人間は排除する対象と認識する。彼は、力を手にした。魅上が、唯一の神と信棒するその者からの贈り物によって。そして、魅上の裁きが始まる・・・。

  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
  • | 2007/06/14 06:33
  • 上P △

side menu

ぷろふぃーる

= FantasyEarthZero =
Atziluthワールド:
Sirayuki(ネツァワル:火皿)
しらゆき(ネツァワル:ヲリ)
白雪(ネツァワル:スカ)

= FinalFantasyXI =

とらっくばっくぴーぷる

TBPについてはこちらを参照っ





side menu

おしらせ

特にアリマセン

かうんたー:
7645 +


Since 20th July 2005

ぶろぐこーしんりつ

ふらっしゅかれんだー

さいきんのきじ+こめんと

ついったー

おともだちとか

かてごりー

とらば

おまけ

Powered By FC2 blog

FC2Ad